チャイルドマインダーの働き方と保育士やベビーシッターとの違い

チャイルドマインダーは少人数保育のプロであり、ハイレベルな保育が魅力的ですが、どのような働き方があるのでしょうか。

また、保育士やベビーシッターとはどのような点が異なるのでしょうか?

実はチャイルドマインダーは資格取得後、色々な働き方を選ぶことが可能です。

最も一般的な働き方としては、自宅または近くに保育ルームを開設する方法もしくは直接利用者の自宅へ訪問する方法が挙げられます。

その他にも個人事業主として開業する方法や企業に入って働くことも可能です。

さらに、既に保育園などで働いている方にとってはチャイルドマインダーの資格を取ることでスキルアップになります。

英語教室などの各種教室などでも資格を活かすことができますし、子供に関するシーンで働く際に非常に役立ちます。

 

チャイルドマインダーと保育士・ベビーシッターとの違い

《保育形態》
チャイルドマインダー:自宅もしくは訪問にて少人数制で家庭的保育を行う
ベビーシッター:指定先に訪問して保育を行う
保育士:施設内で集団的保育を行う

《1人でお世話可能な人数》
チャイルドマインダー:自分で設定可能(最大4人)
ベビーシッター:会社による(一般的に2、3人)
保育士:0歳児3人、1・2歳児6人、3歳児20人、4歳児以上30人

《労働時間》
チャイルドマインダー:自分で設定可能(短時間も可能)
ベビーシッター:会社による
保育士:原則1日あたり8時間

《給与体系》
チャイルドマインダー:自分で設定可能
ベビーシッター:会社による
保育士:保育園による

 

チャイルドマインダーとその他の保育士は何が違うのか?

チャイルドマインダーとその他の保育士との最大の違いは、チャイルドマインダーは少人数で保育を行うという点です。

幼稚園教諭や保育士のような施設内で集団に対して行う保育とは異なり、チャイルドマインダーは子供1人ひとりと向き合って保育をする上、教育や健康管理まで行うため、ベビーシッターよりもさらに子供の成長に携わる責任の重い職業だと言えるでしょう。

しかし、一方で幼稚園教諭や保育士と比べて非常に自由度が高い点は魅力的です。

お世話をする人数や労働時間、給与体系まで全て自分で設定することができるので、自身のライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことができます。

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ