ヒューマンアカデミーは国内初のBTEC認定スクール

皆さんはBTECをご存知でしょうか。

BTECとは、Business and Technical Education Councilの略で、世界各国で導入されている職能のレベルを保証する資格です。

認証はExexcelという英国最大の英国国家職業資格認証機関によって行われ、英国だけではなくヨーロッパ各国およびアジアでも広く認知されています。

カリキュラムにはケーススタディやロールプレイングが多く取り入れられており、ただの知識だけではなく、実際に現場で役立てることのできる能力の取得を目指しています。

ヒューマンアカデミーのチャイルドマインダー養成講座はそのような国際的な視点から教育基準に関する審査を受けて合格し、国内初めてのBTEC認定スクールになりました。

また、2012年4月には、BTECに認定されている全5,500校の内の上位10%、GradeAに到達し、世界に12校しかないCentre of Excellenceにチャイルドケア部門のスクールとして認定されています。

これはヒューマンアカデミーのチャイルドケアが世界から見ても非常に優秀で模範的なスクールという証なので、受講生はもちろんのこと、実際に仕事をお願いするお客様にも安心です。

このようなBTECに認定されているスクールに通うメリットとしては、以下の2つのポイントが挙げられます。

 

BTEC認定スクールに通うメリット

ポイント1)学習の品質が保証されている

カリキュラムや実施状況、講師や講師の評価内容の全てを再評価されているので、常に高基準の学習が保証されています。

ポイント2)BTECレベル3認定を取得している

ヒューマンアカデミーのチャイルドマインダー養成講座はBTECレベル3を取得しており、人材とスキル不足が目下の改善要項である保育現場において、この講座の修了生は非常に信頼感を得られます。

また、資格取得後のメリットとしては、以下の点が考えられます。

 

資格取得後のメリット

ポイント1)国際的に認められている資格である

この資格は国際的に認定されている正式な資格であるため、持っていることでお客様の信頼を得ることができます。

また、その評価も世界100ヵ国で導入されていることからも折り紙付きなので、海外で働くことも可能です。

ポイント2)日本においても職業能力の段位制度導入が開始されている

英国の能力評価制度(BTEC含む)を基に、日本においても2012年秋より職業能力の段位制度導入が始まっています。

初めは介護プロフェッショナル、カーボンマネジャー、食などの分野から始まっていますが、このような基準ができることで能力がより正確に評価されるようになります。

さらに講座修了後は認定証が発行されますので、これによって自分のスキルを証明することが可能です。

もちろん履歴書に記載することも可能で、自分の習得した知識やスキルを公的にアピールするのに一役買っています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ