保育業界の今後の見通しと動機別のワークスタイル

保育業界は近年目まぐるしく環境を変えています。

政府は近年都市部を中心に続いている待機児童問題の解消に向け保育施設の拡充を急いでおり、様々な保育サービスも次々に新設されています。

また、この状況を受け、保育サービスへの新規参入を行う企業や、社内に託児所を設置するところも増えています。

さらには子育て家庭のサポートをする事業も行政によって始まっており、官民双方において様々な動きが活発化されています。

このように今後はますます保育市場の拡大が見込まれるため、さらに人材へのニーズは高まり、チャイルドマインダーとしての活躍の場は確実に広がっていくことでしょう。

受講生の受講動機別の考えられるワークスタイルは以下の通りです。

動機別のワークスタイル

(動機パターン その1)
・自宅で保育をしたい
・仲間同士で起業したい
・将来開業するために備えたい
・子育てと両立させて働きたい
・フルタイムで働きたい
・ある特定の曜日に働きたい
・学業の合間に働きたい

(ワークスタイル例 その1)
ライフスタイルに合わせた働き方を望む場合、自宅や保育施設を開設して集客する方法と利用者の自宅へ訪問して保育をする方法の2つに分けられます。

ビジネスの幅を広げて行けば、自分なりのスケジュールを組んで働くことができます。

1)集客タイプ(保育ルーム・各種教室など)
・保育ルームを自宅に作る
・保育ルームをテナントに作る
・語学やスポーツなど、自分の趣味や特技を活かして教室を開く

2)訪問タイプ(契約・雇用など)
・個人事業主になり、訪問先と直接契約
・派遣(企業やNPOなど)※派遣会社などに登録して個人宅もしくは

(動機パターン その2)
・就職活動を有利に進めたい
・転職したい
・スキルアップしたい

(ワークスタイル例 その2)
実際に現在保育の現場で働いている人がチャイルドマインダーの精神を取り入れて働くことも可能ですし、資格を活かして就職や転職をすることも可能です。

3)  企業内、保育施設、医療施設など
・ホテルや美容院などの中で働く
・病院や児童施設などの中で働く
・保育士や幼稚園教諭がスキルアップのために学ぶ

このように様々な働き方を見つけることができる点がチャイルドマインダーの魅力の一つです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ