チャイルドマインダーのタイプ別ワークスタイル(登録スタッフ)

《訪問タイプ》登録スタッフの場合

1日当たりの保育内容(3時間30分)

お迎え・おやつ:1時間
遊び:30分
ごはん:1時間
遊び:30分
お風呂:30分

チャイルドマインダーとしての主な仕事は保育園および習い事への送迎と、親が帰宅するまでの子供の預かり。

3時間30分という短い時間の中で保育を行うので、かなりの体力と気力が求められます。

 

体験談

Q. 仕事について思うことは?

テレビでチャイルドマインダーの存在を知り、早速チャイルドマインダー養成講座を受講しました。

また、すぐに働けるように受講中から職探しを始め、講座を修了した後は登録制チャイルドマインダーとして働き始めました。

中には休日のみや発熱時などの対処など、単発の仕事もありますが、現在は4歳の男の子の保育をレギュラーで承っています。

色々なタイプの子供がいますが、やはり男の子と1日一緒に遊んでいると1日が終わる頃にはぐったり。

時には上手くいかず自分に苛立つ時もありますが、子供が成長して行く姿を見ていればそんなストレスもいつの間にか消えて無くなるので不思議です。

私が訪問保育のスタッフに登録したのは固定費が不要でキャリアがスタートしやすく、また、子供と一対一で真摯に向き合うことができるからでした。

それに朝に仕事を終わらせてしまえば昼間は自分の時間として使えるので、自分の時間を持てる自由度の高さがチャイルドマインダーの魅力だと思います。

Q. 講座で学んで今役立っていることは

幅広い年齢の子供を相手にするので、事例対応の授業で学んだことが非常に役に立っています。

いつも子供の気持ちを理解しながら、その年齢に応じた言葉がけをしたり、子供が夢中になっている時には邪魔をしないなど、講座で学んだことを実践しています。

Q. 今後の仕事の展望は?

今後は自分の出身地で訪問保育を開始する予定です。

それぞれの家庭の状況にあった支援ができるよう、努力したいと思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ