チャイルドマインダーのタイプ別ワークスタイル(チャイルドマインダー派遣会社代表)

《訪問タイプ》チャイルドマインダー派遣会社代表の場合

1日当たりの保育内容(日によって異なる)

出勤管理、お客様対応、電話ミーティング、経営業務

朝は大体9時から、稀に早朝からスタッフを派遣することもあります。

代表ということもあり、常に仕事に意識を向けてはいますが、時には自分の時間を作る為に時間を上手に使うよう努力しています。

 

体験談

Q. 仕事について思うことは?

大学で幼稚園教諭と保育士の免許を取得し、その後幼稚園と保育園に勤務しました。

それから26歳の時に起業することを思いつき、チャイルドマインダー養成講座を受講することを決めました。

さらに受講中から訪問保育の仕事をスタートし、修了後に自分自身の会社を立ち上げ、現在は経営者として働いています。

ヒューマンアカデミーの講座の多くはとても実践的で、特にカウンセリングマインドや安全チェックなどは実際にスタッフを教育する際にも役立てています。

受講しようと思ったきっかけは、もともと訪問保育で起業しようと考えていて、カリキュラムの中にビジネスの講義があったことに惹かれました。

修了後に設立した会社には初めは自分1人しかいませんでしたが、その後徐々にスタッフを増員し、現在は15人のスタッフを抱えるまでになりました。

スタッフが増えてお客様から喜んでいただけるようになってくると、私自身もやりがいや喜びをより強く感じるようになり、本当に起業して良かったと思いました。

今後は表参道あたりで働く母親たちをサポートしていけたらと思っています。

Q. 人材を派遣する際のこだわりは?

毎回お客様に対してデイケアレポートと呼ばれる報告書を渡しているのですが、スタッフにはまずこのレポート作成を練習してもらいます。

このレポートはお客様がお子さんの様子を知る手がかりになる唯一のものですから、わかりやすく、丁寧に作成するようにしています。

Q. 何故ヒューマンアカデミーの修了生がスタッフに多いのですか?

スタッフは講師の方に紹介していただいているので、必然的にヒューマンアカデミーの修了生が多くなります。

それにヒューマンアカデミーの修了生であれば、同じ講座を習っていたわけですからお互いを理解しやすくて非常に助かります。

受講中だけでなく、修了後までサポートしていただけるのはありがたいですね。

 

 

 

 

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ